• Home コンサルティング業務

コンサルティング業務

社会保険労務士事務所が行う業務は大きく分けて二つあり、一つは会社内の管理部門が行う社員の保険料計算や労災保険などの手続き、もう一つがコンサルティング業務になります。今回は後者であるコンサルティング業務についてみなさんにご紹介させていただきます。

人社会保険労務士事務所が行っているコンサルティング業務とは、主に社内規定に関することや人事制度、助成金などに関わることで、いわゆる自分の会社がブラック企業だと言われない為の制度作りを行うための業務と言って良いでしょう。既に会社として動き出していいる場合、就業規則が既にある場合もありますが、その就業規則が本当に適性な就業規則であるのか、といった面から始め、その会社に適している就業規則を作成したり、場合によっては労働時間などの適性化を図ったりすることで会社が更に組織として発展できるような仕組みを作る為にはこの業務は非常に重要となってきます。

社会保険労務士事務所にこのような業務をコンサルティングするメリットとしては、もちろん就業規則などを適正な規則にしてくれるのはもちろんなのですが、人事や労務といった部分は変わっていくことが多いので、そういった情報をプロフェッショナルな社会保険労務士から教えてもらえるということもこのコンサルティング業務を依頼するメリットであると言えるでしょう。