• Home You are currently viewing the category: 未分類

コンサルティング業務

社会保険労務士事務所が行う業務は大きく分けて二つあり、一つは会社内の管理部門が行う社員の保険料計算や労災保険などの手続き、もう一つがコンサルティング業務になります。今回は後者であるコンサルティング業務についてみなさんにご紹介させていただきます。

人社会保険労務士事務所が行っているコンサルティング業務とは、主に社内規定に関することや人事制度、助成金などに関わることで、いわゆる自分の会社がブラック企業だと言われない為の制度作りを行うための業務と言って良いでしょう。既に会社として動き出していいる場合、就業規則が既にある場合もありますが、その就業規則が本当に適性な就業規則であるのか、といった面から始め、その会社に適している就業規則を作成したり、場合によっては労働時間などの適性化を図ったりすることで会社が更に組織として発展できるような仕組みを作る為にはこの業務は非常に重要となってきます。

社会保険労務士事務所にこのような業務をコンサルティングするメリットとしては、もちろん就業規則などを適正な規則にしてくれるのはもちろんなのですが、人事や労務といった部分は変わっていくことが多いので、そういった情報をプロフェッショナルな社会保険労務士から教えてもらえるということもこのコンサルティング業務を依頼するメリットであると言えるでしょう。


外注について

社会保険労務士事務所が依頼される業務は細かく言えば多岐に亘りますが、大きく分けると二種類でその一つが人に関する業務の外注という部分に当たります。この人に関する業務の外注とはどんなことかと言うと、会社の人事部などが人を採用するときや給与を支払うときなどに行う手続きを指します。今回は社会保険労務士事務所が依頼される業務についてみなさんにご紹介させていただきます。

アニメ画像、人早速、その業務についてご紹介させていただきますが、会社を経営していく上で人という部分は一番重要なポイントと言えます。逆に一番重要なポイントということは一番労力や負荷がかかる部分でこの部分を外注してクリアする会社も多く、その点を担当するのが社会保険労務士事務所と言うわけです。具体的には人の入退職時に発生する雇用保険や健康保険などの資格取得や喪失の手続き、業務中に起こった怪我などの労働災害、いわゆる労災時の手続きなどが挙げられます

その他で言うと、各種保険料などの計算から変更手続きなど、細かい仕事が多いと言えるかもしれません。こういった業務を知識がない社員が行い時間をかけるよりかは専門的な社会保険労務士に外注して行った方が効率がよいケースが多く、依頼件数も多いのが現状です。もともとそのような管理部門を設けていないベンチャー企業や中小企業が依頼するケースが多いと言うのも事実と言えるでしょう。


社会保険労務士事務所の障害年金申請サポート

お金社会保険労務士事務所が携わる業務の中に障害年金の申請サポート業務があります。この障害年金は原則20歳以上の方が受給できる年金で、主に病気や怪我で仕事ができなくなってしまった方などが受給対象者になるケースが多いのですが、基準や準備する書類の煩雑さから申請する方が少ないということも事実としてあり、そんな障害年金の申請をサポートするのが、この社会保険労務士事務所というわけです。もちろん、業務を依頼しますので、お金がかかることですが、社会保険労務士事務所はその道のプロですので、任せておけばまず間違えはないでしょう。それでは実際にお願いするとなるとどの程度の費用がかかるのでしょうか?

まずは着手金といって社会保険労務士事務所が申請サポートをするにあたっての事務手数料などのお金が必要になってくるケースが多く、その着手金は数万円必要になってくるケースがあります。そして、その着手金が支払われたのち実際に申請をし始めるのですが、実際の報酬はほとんどの場合、障害年金が振り込まれたあとに支払うという流れになります。

報酬の金額はさまざまですが、年金2ヵ月分や初回振込金額の10%などが多いです。ただ、その報酬金額については依頼する社会保険労務士事務所ごとに当然異なりますので、依頼する場合には必ず確認して下さい。報酬を支払うことになりますが、やはり自分でやるのには結構な労力を使うことになりますので、もし受給対象者であるのならば社会保険労務士事務所に依頼するのがベターと言えるでしょう。

推奨リンク>>>障害年金
・・・障害年金申請手続きサポートを行っている社会保険労務士事務所のサイトです。