• Home 外注について

外注について

社会保険労務士事務所が依頼される業務は細かく言えば多岐に亘りますが、大きく分けると二種類でその一つが人に関する業務の外注という部分に当たります。この人に関する業務の外注とはどんなことかと言うと、会社の人事部などが人を採用するときや給与を支払うときなどに行う手続きを指します。今回は社会保険労務士事務所が依頼される業務についてみなさんにご紹介させていただきます。

アニメ画像、人早速、その業務についてご紹介させていただきますが、会社を経営していく上で人という部分は一番重要なポイントと言えます。逆に一番重要なポイントということは一番労力や負荷がかかる部分でこの部分を外注してクリアする会社も多く、その点を担当するのが社会保険労務士事務所と言うわけです。具体的には人の入退職時に発生する雇用保険や健康保険などの資格取得や喪失の手続き、業務中に起こった怪我などの労働災害、いわゆる労災時の手続きなどが挙げられます

その他で言うと、各種保険料などの計算から変更手続きなど、細かい仕事が多いと言えるかもしれません。こういった業務を知識がない社員が行い時間をかけるよりかは専門的な社会保険労務士に外注して行った方が効率がよいケースが多く、依頼件数も多いのが現状です。もともとそのような管理部門を設けていないベンチャー企業や中小企業が依頼するケースが多いと言うのも事実と言えるでしょう。